Akane Japan Life

世界のどこにいても日々の暮らしが続く、外国人が語る日本

大阪震度6の地震に対して中国人の反応【SNSの投稿から】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 昨日出勤ラッシュの時間帯に大阪に震度6の地震が発生しました。
 地震大国の日本は1995年の阪神淡路と20⒒年の東日本大震災を経験し、万全な地震対策ができたと思われたものの、やはり震度6の威力に耐え切れませんでした。

 地震発生後の一時間以内、未だ情報が拡がっていないせいか、地震災害情報が入っていないと気象庁が言っていました。
 しかし、数時間が経つと、そのあんまり影響されていない平和は続々更新したテレビ報道に打破されました。
 今現在は、死亡者4名、負傷330名以上という事態に悪化しています。
 大阪の友人のお話によると、ちょうど電車に乗って会社に向かっている最中、前揺れがなくいきなり激しい揺れが起きて、電車がそのまま破壊してしまうかのようにすごく怖かったと地震当時の動揺を語った。
 出勤時間帯とのことで、駅構内とか電車乗車中の方が多かった。駅の電光板が落ちったり、柱が倒れたりすることに当たる可能性が高いこの時間帯、逆に被害が少ないほうだと思います。
 と言っても、SNSに載せられた沢山被害現場の写真を目にすると、やはり地震の破壊力に恐怖を覚えるね。
 どれだけ震災地の状況はひどいか多分皆さんは連日一日中に報道されるテレビ又は携帯ニュースでお分かりでしょうから、ここで被害状況説明を省きます。

 

今回大阪の地震に関して中国人がSNSに書き込んだコメントを紹介したいと思います。

 

1⃣ 優しい日本の各業界

 

地震発生後、防災策の重要性は再びみなさんの注目を引き寄せた。5月27日、日本無線WAN推進連絡会からの記者会見で今後大きな地震が発生した際に、一般市民に無料な無線WANサービスを提供すると発表しました。つまり、災難時、電話通信回線が混雑して家族友人の安否確認を取れない場合に、00000JAPANと表示されたら誰でも無料でwiif 接続できるサービスです。

f:id:akanenechan:20180619201242p:plain

 

•大阪地震後、各スーパーや小売店に置かれている生活必要品などは値下げされました。

f:id:akanenechan:20180619201409p:plainf:id:akanenechan:20180619201645p:plain

 どこのなんていうスーパーの写真なのか知りませんが...中国人の皆さんにかなり評価されている。同時にアップされているのは右にある関西空港から上海行きの飛行機代の写真です。

 一夜にしておよそ十倍値上げされました。

 突然に襲われた地震の恐怖から気持ちがまだ落ち着いていないのに、高騰しすぎた帰りの切符に絶望。まさに燃える火に油を注ぐような仕業です。しかも、こんな人の不幸に付け込んでぼろ儲けするのは我々馴染み深い東方航空や中国航空などの大手航空会社。

 平素よりかなりお世話になっている大事なお客様に災難時航空便を増やしたり恩返しする何かサービスを提供するのではなく、こんな大変な時期にさらに同胞からお金を詐取する「商機」にしか目がない。さびしいです泣

 

2⃣ 日本人式の順序良さ

 地震発生後、電車は運転する途中で停止し、乗客を降ろしたりしていました。

 こんな非常時も黙々と列をなして順序よく電車から降りたり鉄道沿いに歩いていたという日本人から見れば何とも思わない普通な光景だが、中国人の皆さんは大絶賛。(これはほぼ毎回の地震後に取り立てられる)

f:id:akanenechan:20180619203903p:plain

日本語訳:今朝大阪の交通網も麻痺している。阪急電車の席は乗客が災難時に逃げ出すための滑り台として取り外せるようにしています。こんな設計している電車が日本に多いようです。

 と日本鉄道の優れるアイディアにも嘆じる。

f:id:akanenechan:20180619205256p:plain

f:id:akanenechan:20180619204534p:plain

f:id:akanenechan:20180619204629p:plain

 地震大国に生きてきた日本人、地震に慣れているからか分からないが、緊急時にもかなり落ち着いていつも通りに行動できるメンタルの強さに脱帽。

 

3⃣ 日本へのエール

f:id:akanenechan:20180619211858p:plain

ということで中国人のみんなは日本を応援しています。

日本人から見習わなきゃいけないところがいっぱいです。

大阪、頑張ってください!

私も皆さんも連日あちこちの地震報道およびでっち上げ災難話に変な動揺されないように冷静に地震対策していきましょう!