Akane Japan Life

世界のどこにいても日々の暮らしが続く、外国人が語る日本

外国人に対して日本人がやりがちのダメな「褒めフレーズ」四つ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

    外国人に対して日本人がやりがちのダメな「褒めフレーズ」四つ

  日本に来てから、よく日本人の方々に日本語を褒めて頂いていました。一番最初は自分の努力を認められた気がして、とても喜んでいました。しかし、日本での生活が長くなってきて、日本人の褒め言葉は女性がかわいいと連呼しているような嘘っぽく感じていられない。

 好意で褒めてあげたつもりで外国人の機嫌を損なう逆効果になる日本人誰でもやってそうな「褒めフレーズ」と褒め方について、周りの外国人に聞いてまとめました。

      

     f:id:akanenechan:20181028204351j:plain

 

  日本人がよく使う「褒めフレーズ」

1、日本語がうまい

 この言葉は勿論使っちゃいけない言葉ではない。使って喜んでくれる外国人の方は沢山いると思う。但し、使う際に気を付けないといけないのは使うターゲットタイミング

ターゲットに関して
 ☆来日ばかりの外国人

 日本に来る前にある程度勉強したことがあるが、自国で使うことはほぼないし、自分のどんなレベルに当たるか分からない訳だし、日本で自分が習得した日本語を使うのは力試しともいえる。そこで、日本人の方に「日本語が上手いですね」と褒めて頂くと、「私の日本語は本場の日本人に認めてもらった。勉強してきたものはちゃんと使えるんだ」と今まで良し悪しさえ判断してもらえない自分の日本語能力を初めて一番精度が高い尺度で測ってもらって、しかも、評価が良い。これは嬉しくない人はいないだろう。

 

 ☆日本で長く住んでいる外国人

 日本に来て何年も経って日本人同様にこの国で暮らしている外国人にとって、日本語が話せるのは当たり前のことである。当たり前のことを毎回褒められてうんざりするのも分からなくはないでしょう。あいさつ程度しか日本語を話していないのに、「日本語が上手いですね」と褒められ、嬉しいどころか、馬鹿にされている気さえする。普通に日本に住んでいるのに、このくらい話せるでしょうと内心に嫌な気分になる人もいる。

 褒めるのがそんなに得意ではない日本人にとって初めて会う外国人に「日本語が上手ですね」ということがとても多いが、自分の経験から言わせると、それはまるで日本人の女の子が「かわいい」というのと一緒で、ただの挨拶としか思えません。    

 「また自分の日本語にまだ拙さを痛感している外国人にとって「お上手だ」と褒められたら皮肉に思う人もいる。」

タイミングに関して

 「日本が上手いですね」と褒める前に、まず外国人相手の自己紹介を聞いて、来日の期間をチェックしてから褒めてください。

  来日間もない外国人の方に対して、遠慮なく褒めてもいいが、ボキャブラリーがそこまで豊富じゃない方でしたら「日本語が上手い」というより発音のほうを褒めてあげたほうが嘘っぽく感じずに相手が喜ぶかもしれない。

  既に一年以上日本に住んでいる外国人の方に対して、何も言わないほうがベストかもしれない。

人の努力の結晶を無視していいの?と半信半疑で読んでいる方、

   大丈夫です。本当にうまい外国人は「日本語上手いですね」を数えきれないくらい聞かされていたので、聞き飽きた感もあるし、このくらいの会話しか交わしていないのに、自分が日本語勉強に費やしている時間と労力はこの誰にも使いまくっている軽々しい言葉で褒められるなんてなめられている気持ちに陥ることさえある。

   実際に私もそうだった。最初の一年間はとてもうれしかったが、日本にいる年数が経てば経つほど、自分の日本語は当初と比べたら大きく進歩したのにまだ大した話もしていない段階で昔のように褒められて、この褒めフレーズって確かな意味を持っていないんだと当初日本人に褒められて素直に喜んでいた自分を馬鹿馬鹿しく思ってきた。

 我々外国人と話す時に、「日本語が上手いね」と褒めようとする際に、とにかく褒めるのではなく、TPO(time, people, occasion)をしっかりわきまえたうえで褒めて頂きますようお願いします。

*TPO:

【time】来日期間を確認してから

【people】日本に住んでいるベテラン外国人か来日間もない新米外国人か

【occasion】場合によって日本語を褒めるか発音を褒めるか褒めないか

 

2、 よく知っていますね

 これはそこまで日本人に乱用される褒めフレーズではないが、ある程度に使用されているのは確かです。これは外国人に嫌味を買っている理由は一位の「日本語上手いですね」と多少似ている。

 私自身の話ですが、一回初めましての先輩と会った時に、どこにお住まいですかと先輩に伺ったところで、「巣鴨、知っている?」と逆に聞かれて、「おばあちゃんの原宿と言われるところです。」と答えたら、「よく知ってますね~」と褒めて頂きました。えーこのくらいでよく知っていると言えるかな?何年も日本に来ている私を馬鹿にしているの?と少し不快を覚えた。心が小さいのもあるかもしれないが、先輩は勿論悪気がないというか好意で褒めてくださったと思うが、自分にとって何ともないことに大げさに褒めてほしくないというのは私の本心です。

 

3、(そんなに)なまっていない

 これもこれも結構日本人の口からよく出てくる所謂「褒めフレーズ」。

 「なまっていない」は本当にたまにムカつく言葉です。この言葉は言われる時点、自分が日本人じゃないということはバレているということになる。同じアジア人で服装も化粧も日本人の女性と変わらないという確信を持っているが、それじゃ、どこから私が日本人じゃないことが分かったか?

 言うまでもなくなまりから分かったでしょう?

 なまりで私は外国人であることに気付いているにも関わらず、「なまっていない」と褒めるってどれだけ見え見えの嘘をつくのだろう?と内心でいつもモヤモヤして仕方がない。

 これを読んで、お前は本当に難しいやつだなぁ、私たちも好意で褒めているんだよと思う方、

 好意で褒めてくれているのは重々承知しておりますが、ただ好意だからこそ、すべて受け取らなければならないととうとう思いません。好意で言っている言葉は逆に相手の気分を損なうことになってしまったら本末転倒でとても勿体ないと思う。

 

4、○○さんの日本語は十分伝わるよ

 これはすべての外国人を対象にする言葉ではない。かなりハイレベルの外国人に使う際に、要注意。

 なぜこれを言うと外国人の気に障ることになるかというと、我々にとって、沢山努力して、一生懸命に練習してできるだけ正しい日本語の発音や漢字や文法や慣用句などを追求しているのに、日本人のように日本語を完全に使いこなすように四苦八苦しているのに、これを言われたら、「伝わる程度」に達しているからもういいじゃないというニュアンスを感じる。

 「伝わる程度」で満足するなら、ここまで頑張らないしととても自分の目標を軽く見下された気がする。

 あなたが出会った外国人は日本語がかなり上級者であっても、「十分伝わっているよ」と我々の努力を歯止めをかけるような言葉をかけるのではなく、ちゃんと間違っているところを直してほしい。これこそ私たちが一番望んでいる応援の仕方、私たちの努力に対する一番良い褒め方です。

 

まとめ

   如何でしょうか?意外と思っている方も多いでしょう。

 自分の好意でついに使ってしまう褒めフレーズは考えられないところで外国人の気分を損なうことになるかもしれない。

 上述のような褒めフレーズ「日本語が上手いね(上手だね)」、「よく知ってますね」、「(そんなに)なまっていない」、「○○さんの日本語は十分伝わるよ」どれも「外国人にしては......」という大前提があり、それは日本人が外国人に対するある種の差別にもとれる。外国人だから、これくらいで上手いよ、外国人にしてこれを知って素晴らしいね、外国人にしてこのくらいできて充分だよという考えから生まれた褒めフレーズ。

 外国人を外国人という別ジャンルではなく、日本人と同じステータンスで見れば、そもそも「上手い」のような評価の言葉が出てきません。これはまたまた別の次元の問題になってくる。