Akane Japan Life

世界のどこにいても日々の暮らしが続く、外国人が語る日本

中国人はみんなビザのために日本人を狙ってると自惚れするな!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中国人はみんなビザのために日本人を狙ってると自惚れするな!!!

f:id:akanenechan:20181107000937j:plain

こんにちは、あかねね(@NUfk0eJcvXqi0Dj)です。
今日は別の内容で投稿したいと思いましたが、はてなブログのHPでこんな記事を目に入りました。
とても熱くなって自分の体験を書かないといたたまれない状況です。

私の気持ちをこんなに煽ってくれた記事はこちらです↓。
bci.hatenablog.com

私のブログを前から読んだことがある方でしたら分かるのは、
私二年間にわたって付き合っていた日本人の彼氏がいました。
彼は東大卒で、某大手銀行に勤めてとても優秀な人でした。
東大生特有な堅苦しさとお宅趣味もなく、健全な人でした。
(東大生をわざと偏見を持つつもりがないが、彼の周りの友達は変な方が多かったから、ついそう思ってしまった。どうかお許しください)

付き合う経緯と言ったら、大学院の卒業論文アンケート調査を配る際に、
切羽迫る時期だったので、相手を選ばず、日本人であればだれでも協力してほしかった。

そして、いつも行っている喫茶店にちょうど彼がいました。つまなさそうに携帯を弄っていました。
携帯をいじるくらい暇人だったらアンケート調査くらい協力してと思って私から彼に近づいて行った。

そして、アンケート調査の質問内容及び日本語の使い方に関して、
いろいろ詳しく教えてもらいました。

これは私たちの馴れ初めでした。

ロマンチックと思う方がいますか?

自分的にはかなり自慢しているエピソードです。真面目に学問関係のことをやって、いい出会いがあるなんて思いにも寄らなかった出来事でした。

これをきっかけにかなりの頻度で会うことになり、沢山の異国恋愛のストーリーが始まりました…

それは重要じゃないので、ここで省略させていただきますが、

言いたかったのは私たちは、自分たちの意思で恋に落ちってそして、付き合い始めた…

そのまま、普通の日本人のカップルのように早くも2年間の年月を共に過ごしました。

私も彼も26歳、

日本人の男性にとっては多少早いかもしれないけど、
普通のカップルみたいに喧嘩もしたり、笑ったり、たわいのない話をしたり、普通に楽しく過ごしたので、年も相応だし、自然の流れで結婚しようという話が出てきました…

結婚という人生において大事な節目を前にして、お互いの両親に相談するのは筋が通る話でしょう~?

彼はこんな話がまだ早いかなと多少不満げだが両親に打ち明けた。

案の定、沢山の疑問と懐疑が容赦なくやってきました…

「二年間しか付き合っていないのに、彼女のことをちゃんと分かってんの?」
「中国人の女性って危なくないかな?」
「こんなにも早く結婚を持ち出されたのはあなたのことが好きではなく、ビザが欲しいでしょう?」
「結婚する意図をちゃんと探らないと騙されたら取り戻そうもないぞ!!!」
「100パーセントビザ願いだ!!!」


となぜか私と会ってもない癖に、悪口ばかり散々言われました。

単純に彼のことを愛していたのに、
この人だったら、自分のすべてを預かってもいいと思っていた。

それだけなのに、沢山の見えない「敵たち」に変に疑われて、何で国籍が違うだけで、自分が自分の好きな人と一緒になる権利まで奪われなければならないだろう???
と不公平に思いました。

しかし、これは日本の現状です。

日本人じゃないという原因で、人が夢を追う権利を奪うことは少なくはない。

当時の彼も親の言いなりになって、私との将来をあきらめていたから、個人要素がかなりあると思いますけど、

私のように好きじゃなくなったとは別の理由で、恋人との関係をあきらめるしかない方はまだまだいるでしょう!

付けられた理由は、
「うちの親はすごく伝統的な考えの持ち主で、結婚する相手は○○家を仕切る人間じゃないとダメですよ!」

仕切る人間?
日本語を普通以上に操る人間?世間渡りの上手な人間?

自分の力不足かもしれないけど、私はその家族が求める嫁ではなかったらしい。

人生で初めて外国人の彼ができた。
そしてその二年後、また人生で初めて外国人の彼を永遠にサヨナラを告げました。

好きじゃなくなったせいじゃないけど、まさかナショナリズム的な要素で別れなければならなくなった。

当時の私にとってすごくショックだった。自分の根本的なところ(出身)を否定されたからです。

私はどこが間違っていたか?ビザ狙い?
名目国内総生産(GDP)の数値を見れば、早くも2010年にすでに日本を越えて世界で二番手になっていました。
今はEV自動車や電子決済等中国は日本をはじめ、世界の先駆者になっている。

こんな裕福の国なのに、日本のビザのため、自分の一生の幸せを犠牲にするのか???

こんな割に合わない商売は打算深い中国人はやるはずがない。

日本人と結婚するほうが面倒ではないでしょうか?
日本人男性が仕事優先という精神を理解しなければならない。
日本人男性がマイホームもマイカーもマイタイムも用意しないことを覚悟しなければならない。
2人の間にめでたく子供ができたとしても、妊娠中に「性的なサービス」を提供できない際に、日本人の旦那が不倫をされてしまうかもしれないことも心の準備をしておかなければならない。
(ある議員の話と日本ドラマを見すぎたかもしれない。言葉遣いが偏激になっていて、これを読んで気分を損なった方がいらっしゃったらお詫び申し上げます。心をズタズタされた私をどうかお許しください)
両親が子供の面倒を見てくれないので、自分の時間を犠牲にするまで子供を自分で面倒を見なければならない。
いくら仕事も家事も同時にこなすのが難しいと訴えても旦那が積極的に協力してくれることがない。っていうかそんなことができる環境がそもそも整っていない。
人生の一大イベントをナシ婚にされたりする可能性が大きい。

イキイキしている中国の生活を敢えて放棄して、少子老齢化の末期の国のビザが欲しい人、そんなにも沢山いるでしょうか?

逆に日本人と結婚するのを辞めてくれと言い返したくなる。

そもそも、○○人だからという一括りの言い方を辞めて、ちゃんと一人一人を見てから判断してほしい。
それを語る以前、愛し合う二人だったら、〇〇人ってそんなに重要なんでしょうか?






(追記)この記事を書いた後、いろいろありました。
ぜひこちらも読んでいただきたいです。↓
www.akaneforeignlife.com